04 ブラックバス釣りは魅力がいっぱい!

 ブラックバス釣りの最大の魅力はその強いひきです。ルアーをブラックバスがくわえてから取り込みまでの魚とのファイトの強さがブラックバス釣りの最大の魅力。他の海水や淡水の魚と比較してもその強いひきはバスフィッシングの醍醐味です。ビギナーの人が初めてバスを釣り上げて言う感想の多くはその強いひきに対する感想が多い。実際、ルアーをキャストしてバスがルアーを咥えるまでにはいろいろな試行錯誤や自然環境の条件が必要ですが、見事フッキングに至り水中のブラックバスとの引き合いをできた人は1匹目でブラックバス釣りの魅力を実感します。
◎写真(ボートや陸釣りでバスを釣りあげている途中の風景)

 そして、もうひとつの魅力はルアーフィッシングスタイルですから、釣り方がたくさんあるという事です。いろいろな道具(タックル)やルアーの種類が非常に豊富な釣り方であることです。大きくルアーはハード系とソフト系に分かれそれぞれ釣り人(アングラー)のスタイルで分かれたり、ポイントや季節によってその選択は変わります。また、長年バスフィッシング(ルアーフィッシング)をしていると、自分のスタイルができてきます。それは、過去の経験で、魚を釣る確率の高い自分のスタイルです。多くの手法や道具の中から自分のスタイルを確立させることも魅力ですし、長年楽しんできた自分のスタイルを軸に他の釣り方を改めて研究したりアプローチすることも楽しさのひとつ。釣り方一つで釣り人同志が過去の武勇伝などをテーマした釣り場や釣具店での会話はなんとも楽しいものです。
◎写真(いろいろなポイントでいろいろなキャストやルアーを投げているアングラーの風景)

 また、ルアーの種類は非常に豊富で、それぞれ大手メーカーからいろいろな形状や表面処理のルアーが開発・発売されています。何故、それほどにルアーの種類が多いのかという理由のひとつにブラックバスの魚として学習能力があると言われています。一度釣れたルアーでも釣れないことはないのですが、バスは初物(形や色、動きなど)によく反応すると言われてます、そのあたりを見据えて各メーカーの開発競争により次々に新しいルアーが世に出て行きます。一度釣られたルアーをブラックバスは覚えているそうです。だから、一度釣りあげられてリリースされたブラックバスはそのルアーを覚えていて次に同じルアーが目の前に現れても過去の記憶から学習して同じルアーに口を使わないと言われています。バスは何度も同じポイントにルアーを投げているとスレる(エサではなくルアーだと認識する)と言われます。また、気温・気圧・水温・水質・水中の光の状態や、産卵時期から捕食時期などそれぞれの季節によってブラックバスのルアーに対する反応が異なるために、同じ場所で同じルアーを同じスタイルで投げ込んでも、以前は釣られたが次必ず釣れる、ルアーに反応するとは限らないのです。これが、エサ釣りの場合、魚は捕食衝動としてエサにヒットしますが、ルアーにバイトがあるということは、必ずしも捕食行動だけに限らないという理由があります。自分自身のテリトリーに侵入してきた異物(ルアー)に対して攻撃性で反応する場合、突然目の前にルアーが通ることで条件反射的に口を使うというリアクションバイトなど、様々な条件でブラックバスはバイトしてくることを理解して、結果、フックアップさせることがブラックバスの真骨頂なのです。
◎写真(ブラックバスがルアーを咥えている風景、ハードルアーで釣りあげられた瞬間のブラックバス)

 そんな多種多様な魅力を持っているブラックバス釣りの道具(ロッドやリールや小物類など)はそのデザイン性と機能性も多種多様です。釣具店に初めて行くと魅力的な道具がいろいろなメーカーから販売されています。それらを観ているだけでも楽しい釣りだと言えるのではなでしょうか。
◎写真(バスショップに並ぶロッドやリールやルアーの風景)

 最後に、バスプロというブラックバス釣りのプロトーナメントがあります。一番有名なフィールドはアメリカです。トーナメントに入賞してその賞金で生活をしている人達をバスプロと呼びます。彼らはいろいろな主催団体のバストーナメントに参戦して入賞しその賞金やスポーンサーからのサポート費用で生活をしています。そんなバスプロを目指す土壌はブラックバス釣りというジャンルが一般的に認知され、釣り具メーカーなどがその分野にビジネス的な参入をするまで成熟する必要があります。そのためには多くの人がブラックバス釣りの魅力を知り、ルールとモラルを守り楽しい釣りをすることで確立される取り組みなのです。より楽しくよりレベルの高い展開になるためにも、ブラックバス釣りの魅力を多くの人が知り、この釣りを通していろいろな人がコミュニケーションし繋がることで生まれるビジネススタイルなのです。
◎写真(釣り具店のイベントやプロトーナメントの開催風景)

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アイテム

  • 7.11I10.jpg
  • 7.11I9.jpg
  • 7.11I7.jpg
  • 7.11I8.jpg
  • 7.11I6.jpg
  • 7.11I5.jpg
  • 7.11I4.jpg
  • 7.11I3.jpg
  • 7.11I1.jpg
  • 5.19i6.jpg
  • 5.19i5.jpg
  • 5.19i4.jpg
  • 5.19i3.jpg
  • 5.19i2.jpg
  • 5.19i1.jpg
  • 4.5i4.jpg
  • 4.5t5.jpg
  • 4.5t4.jpg
  • 4.5t3.jpg
  • 4.5t2.jpg
  • 4.5t1.jpg
  • 4.5i8.jpg
  • 4.5i7.jpg
  • 4.5i6.jpg
  • 4.5i3.jpg
  • 4.5i2.jpg
  • 4.5i1.jpg
  • 3.29i2.jpg
  • 3.29i1.jpg
  • 3.22i3.jpg

アーカイブ