cast ike 002

ここは琵琶湖に隣接する貫川内湖、水深は最深部で2.3mなので、比較的浅めを探るルアーで釣っています。

ペンシルタイプのトップウォーター、ストレートタイプのワーム、3/8オンスと軽めのラバージグを使用してます。

3種のうちワームはスピニングタックル、その他はベイトタックルでキャストしています。

基本はダブルハンドル(両腕を使って)でのキャストですが近距離ならシングルハンド(僕の場合は左腕)でキャストしてます。

注目してほしいのはキャストしている時の体の動き、両足でしっかり足場を固め上半身のみでキャストしているところ、腰の回転も無く下半身はほとんど動いてません。

やり始めた頃は、助走をつけたり、ロッドの振り幅をかせぐため地面にロッドが着くくらい下げたり、腰の捻りなどを使って投げてましたが、そのようなことをしてもルアーの飛ぶ飛距離はほとんど変わらないことが分かりました。

ルアーの重量に合った、タックルとタックルバランスがとれていれば、ムリな力を入れなくてもルアーは飛びますし、逆にどんなに力を入れてもルアーの重量と使っているタックルの性能い以上の飛距離は出ないものです。

ルアー釣りは一日に何キャストもする釣りです、力を抜いてキャストしないと疲れてしまいます。

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アイテム

  • 7.11I10.jpg
  • 7.11I9.jpg
  • 7.11I7.jpg
  • 7.11I8.jpg
  • 7.11I6.jpg
  • 7.11I5.jpg
  • 7.11I4.jpg
  • 7.11I3.jpg
  • 7.11I1.jpg
  • 5.19i6.jpg
  • 5.19i5.jpg
  • 5.19i4.jpg
  • 5.19i3.jpg
  • 5.19i2.jpg
  • 5.19i1.jpg
  • 4.5i4.jpg
  • 4.5t5.jpg
  • 4.5t4.jpg
  • 4.5t3.jpg
  • 4.5t2.jpg
  • 4.5t1.jpg
  • 4.5i8.jpg
  • 4.5i7.jpg
  • 4.5i6.jpg
  • 4.5i3.jpg
  • 4.5i2.jpg
  • 4.5i1.jpg
  • 3.29i2.jpg
  • 3.29i1.jpg
  • 3.22i3.jpg

アーカイブ